Tシャツと相性の悪いファッションアイテムは?

Tシャツは基本的には万能ですが、組み合わせるアイテム次第では
バランスの悪いファッションになってしまう場合もあります。
とはいえ、予めどのアイテムがTシャツに合わないのかを理解していれば
アイテム選びやコーディネートで失敗することはありません。
今回はそんなTシャツに合わせるアイテムを失敗しないための
Tシャツに合わないアイテムをご紹介します。

・Tシャツと合わないファッションアイテム一覧

軽めのパンツなどはTシャツと合わせると軽すぎて重力を感じさせない構築になってしまいだらしなさに繋がってしまいます。
それに加えて同じようにシューズや帽子についてもTシャツに合うもの、合わないものが存在します。
軽めのキャップや運動靴はTシャツに合うのに対しブーツ類、ニット帽などは合わないことが多いです。
こちらの理由としてもやはり生地や作りによるアンバランスさがファッションの不和を生む原因となっています。
ブーツやニット帽など厚手だったりするアイテムはTシャツに対しては重すぎるんです。
こうしたTシャツに合わせづらいアイテムをTシャツと一緒にコーディネートするには一体どのような工夫をすれば良いのでしょうか。

あらかじめアイテムを選定しておけば
どんなものを選んでも、基本的に失敗することはないはずです、
Tシャツを万能と思いすぎずに細かい気をつかってあげることも大事かもしれません。

ファッションで全体バランスが崩れてしまった場合に活用したいアイテム

気に入った服を選び、いざ鏡で確認!となってから
どうもバランスがおかしく、しっくりこない経験。誰もが一度はあるのではないでしょうか。
しかし、そこで諦めてしまって、服を選びなおしてしまっては勿体ありません。
せっかく選んで着たのであれば
バランスを整えるために、アイテムを足してあげればよいのです。
・バランスを整えることができるアイテムとは?

マフラーや上着などでシルエットの弱さを補うことでバランスが取りやすくなります。
例えばスカートをTシャツに合わせたい時は厚手の上着を被せるなど、スカートの広がりに対して上半身の輪郭を
しっかりつくる工夫がしてあれば良いでしょう。
薄めの生地のボトムの場合は多少ボトムにまで影響するような上着のほうが上半身と
下半身を違和感なく繋げてくれるのでおすすめです。
厚手の帽子類については、着けるべき季節が殆どは冬なのでマフラーや上着等でバランスを整えてみてください。

注意しておきたいのはあくまでこの場合Tシャツとアイテムを合わせるために他の装飾をつけたりするということ。
出来ることならTシャツの魅力を阻害しないようにコーディネートしてください。
上着を身に付ける場合でもプリント面を見せるなど見せたい部分を意識することが大事です。
これらのことを踏まえてトータルファッション的にもまとまりがあるように整えていきましょう。
ただし、冬の季節などにおいては重ね着により部位に厚みが出てしまったり体型が太く見えてしまったりもするので
前だけでなく後や斜めの見映えにも注意してください。

Tシャツを着るなら、このアイテムと着合わせろ!

朝の時間のない時間にファッションに気を遣うことができない経験
誰もが経験したことがあるはずです。
そんな時に、トップスはTシャツですぐに決まりますが
なかなか全体のコーデを決めるのが難しいものです。
しかし、Tシャツに合うアイテムをあらかじめ把握していれば
迷う時間はぐっと減るはずです。
そんな、アイテム選びの参考になる情報をお教えします。

・鉄板アイテムを合わせるのが吉

Tシャツに合う物で目にしやすいものとしてはデニムなどのジーンズ類の組み合わせが
よく見られますね。この組み合わせは春夏にかけて好む人が多く
今や定番の格好とも言われています。
合わせやすい理由としてはデニムの力強さを感じさせる作りがTシャツの活発さを
補助しているということが挙げられるでしょう。
加えてTシャツは運動的なイメージが強いアイテムですので同じ動きやすさや活発さを
表すデニムとは動的イメージをさらに強くする意味で理論的にも効果的といわれています。

またTシャツとスウェットパンツ、ジャージという組み合わせも見かけることが多い部類とされています。
こちらはデニムよりスポーティさが目立つ印象ですがTシャツを合わせることで運動面だけでなくカジュアルさも
揃えているというのが特徴です。そのため公共の場所で着ても違和感がない格好でもあります。

ブランドTシャツの価値はどこにあるの?

Tシャツの原価は基本的に数百円で済むというのが相場です。
しかし、ブランド物となるとその値段は数万円にものぼってしまうことがあります。
食事であれば、どんな名店であってもブランド名を持っていても
その値段に見合った食材を提供しています。
果たしてブランドTシャツにその価値があるのか?
そんな疑問を検証してみました。

・実は、素材の価値は変わらない

ブランド物だからといって特別な材質や丈夫に作ってあるということはあまりありません。
一部のものを除いては一般的なTシャツと同じような見映えや強度を持っています。
中にはとても良いものを使っている場合もあるかもしれませんが
一般的にはほとんど素材は変わりません。

・価値は裁縫、カッティングと生産数

ブランド物の、最も注目すべき点は、見える部分ではなく
見えない部分の編み込みなどによるフィット感や着心地の良さにあります。
ブランド物の殆どが着心地の快適さを考慮した作りのため職人などの技術が使用されていることが多々あり、
それが価値として評価されているわけです。
合わせて、ブランド物は生産数も限られており
その希少性に対して価値がつくという意味で値段が上がっている場合もあるのです。